So-net無料ブログ作成

VIVA!大洗 [旅行的]

先日、茨城県の大洗に行ってきました。

お目当ては、大洗水族館。
だいぶ昔に行ったことがありますが
何年前なのかもわからないくらい昔。

週末のお出かけで行ってみようということになりました。

IMG_2474.jpg
そういえば
まめ、初海です。
足をちゃぽちゃぽしたりしました。
でも、寝てるところを起こされたからか、暑かったからか
特にはしゃぎも泣きもせず、ぼんやりしているまめでした。

 

朝、少し早めに出かけたこともあり
水族館の入口から比較的近いところに駐車できました。

でも、すぐに駐車場が車でいっぱいになっていたので
なかなかの人気スポットなんだなぁと
改めて実感。

写真がほとんどないですが
マンボウとサメが見所らしいです。
IMG_2475.jpg

たしかにサメの種類が豊富だし
剥製が圧巻でした!
01a018fea9211bf7901952ff4fbf5a020ec0b5aa26.jpg
このウバザメは
実家近くの海岸に打ち上げられたらしくて、驚き。
 
大きなマンボウの剥製と一緒に写真を撮ったり
マンボウの皮展示に触れてみたり
イルカショーで興奮したり…
明らかに一番はしゃいでいたのは、わたし。
水族館でまめも一緒にはしゃげるようになったら、さらに楽しいだろうなぁ。

IMG_2478.jpg

IMG_2476.jpg

水族館の展示もおもしろかったんですが
フードコートも魅力的。
あまりに人がたくさんだったので何も食べず。
今度来た時には、いろいろ食べてみたいなぁ。
 
水族館見学後には
那珂湊おさかな市場をうろうろ。
以前、社員旅行で来たことがある場所です。
 
干物の試食をもぐもぐしながらうろうろして、
食堂で丼に舌鼓。
012bc9bdad3f0f0d7a67d510b7c550eafbeaed2ca6.jpg
ウニイクラ丼。
イクラがウニで隠れています。
うへへ、おいしかった!
 
うちからそう遠くないところに海があるっていうのは
海好きな我々にとってうれしいことであります。

蔵王のパン屋さん [旅行的]

蔵王温泉街で玉こんにゃくを食べながら
ぶらぶらしている時に見つけたパン屋さん。

「マルモ」というパン屋さん。
kouyou9.jpg
さまんさのツボな店構え。
すごく狭い店内で
顔がツヤツヤのお兄さんがパンを売っていました。
パンの種類は少なくて、店の奥には石窯がありました。

さまんさがご購入したのは
焼いたカレーパンとあんぱんこちゃん

焼いたカレーパンは、全粒粉50%の生地に
オーガニックなカレーが入ってるもの。
辛すぎず揚げてないからさっぱりしてておいしい。
写真も撮らずに食べちゃいました。

そして、あんぱんこちゃん。
kouyou3.jpg
これが激ウマ。
今まで食べたあんぱんの中で上位、いや、1位かもしれない。
パンはふわふわではなくて、もっちり引きが強い感じ。
ベーグルの生地のような感じでした。
中のあんも甘すぎなくて、つぶあんで好きです。

決して安いわけじゃないけど
おいしいぱんが食べられて大満足であります。


お兄さんの喋り方もツボ。
のんびりゆったりな口調でガンガンしゃべる。
蔵王の紅葉情報も教えてくれました。

ステキなお店を見つけてほくほくであります。

充実の3連休 [旅行的]

10月の3連休は法事があって
7年ぶりくらいに山形県に行ってきました。
久々に親戚たちに会えたし、食べ物が美味しいし
いい3連休を過ごせました。

1日目は酒田で法事。
2・3日目は蔵王で紅葉とお釜を楽しみました。

蔵王の紅葉はちょうどいい感じ。
kouyou4.jpg

kouyou1.jpg

kouyou8.jpg


2日目の宿は、蔵王スキー場のゲレンデにある宿。
古い感じの建物でしたが、立地は最高。
冬にスキーしに来たら絶対楽しいだろうなぁ。

zao4.jpg



3日目は朝早く起きて蔵王のお釜へ。
天気が抜群に良くて、お釜もはっきりばっちり見られました。
kouyou6.jpg
植物がほとんどなくて荒涼としてる感じがかっこいい!

写真をバシバシ撮って
そのまま蔵王連峰の主峰、熊野岳登山。
登山って言っても片道50分くらいかけて稜線をゆるゆる歩く。
妊婦に優しい登山。

zao3.jpg
北側には鳥海山も見えました。
いやーいい景色!


今年の山登りは雨にたたられてばかりだったかなちゃん。
今回は快晴だったので大喜びで写真を撮っていました。
よかったね♫

お昼前に蔵王を後にしましたが
登ってくる車で大渋滞!
かわいそうになるくらいの大渋滞でした。

朝早く出て渋滞に巻き込まれなかったのもラッキーだったなぁ。

kouyou5.jpg

白州尾白川トレッキング [旅行的]

キャンプ2日目。
かなちゃんの希望により
尾白川トレッキング。

滝を見たいとのこと。
tore2.jpg

トレッキングの道の手前に神社を発見。
tore1.jpg
甲斐駒ケ岳の登山道の一つになっているようです。
背の高い杉がありました。

tore7.jpg
1度に5人まで渡れる吊り橋を渡ります。

tore3.jpg
とにかく水がきれーい!
夏来たら気持ちいいだろうねぇ。

tore4.jpg
軽いトレッキング気分で歩いていたんですが
なんだか道じゃないような道になってくる。
はしごとかボロボロだし。
落石箇所が何箇所もあるし。

これ大丈夫?
って感じで頑張って歩く。
かなり急勾配な場所もあり。

思っていた10倍くらいきつい道を通って
ついに滝ー!
tore5.jpg
これは三ノ滝っていう滝。
水量豊富で寒いくらい。
気持ちいい!

本当は、もっと先の滝にも行ってみたかったけど
本格的な登山になりそうだったので、今回はパス。
また今度ね。

tore6.jpg
やっぱり自然の中は気持ちがいいのだ。

南アルプスの麓でキャーンプ! [旅行的]

週末、
lucyちゃんとかなちゃん、さまんさの3人で山梨県北杜市でキャンプしてきました!

↓今回は入門編なのでトレーラーハウスに宿泊。
camp9.jpg
食事・BBQに重点を置いた1泊2日のキャンプとなりました。

中央自動車道の須玉ICを降りてしばらく走り
森の中にあるのが
南アルプス三景園オートキャンプ場
とてもきれいなキャンプ場で何度も来たくなるようなロケーションです。

近くには透明度の高い川が流れ
camp2.jpg

南アルプスの山々も見えます。
camp1.jpg
山登り大好きかなちゃんは、大興奮。
「山に囲まれてて北杜市ってすげー!」
とカメラに収めていました。
山登り大好きじゃなくても、この景色はすんばらしい!

しばらく周辺を散策して
お昼頃からBBQタイム!
__.JPG
BBQというと肉々しいイメージがありますが
今回は野菜多めのすっきり系。
それでも、
カマンベールチーズをホイルで包んで焼いてフォンデュ風のディップにしたり
手作りパンを炭火でトーストして食べたりと
十分満足いく内容でした。

持っていく野菜はおうちであらかじめ切ったり
お肉には下味をつけておいたりすると
現地で手間取らず、何よりゴミが少ない。
このおうちでの下ごしらえは大変ですが
種類ごとにジップロックの袋に入れるのが楽しかったりするんだなー!

そのままだらだらと話をしながら
お酒を飲みながら過ごして
辺りが暗くなったら
キャンドルナイト☆
camp5.jpg
ロウソクを持ち寄って、これに火を灯して
夜のBBQも楽しみます。

あとは、簡易燻製セットを持って行ったので
燻製体験にチャレンジ。
camp4.jpg
↑写真では分かりづらいですが
ニジマスとチーズとチーズ入りかまぼこを燻製にしました。

簡易燻製セットなので、味はどうかなと思いましたが
うまーい!
チーズなんてちゃんと飴色に仕上がってスモークチーズになってたし☆

まだまだ改良の余地アリなので
燻製も修行したいと思います。

このキャンプでの大成功は
2日目の朝ごはん。
手作りパンを軽くトーストして
サンドウィッチを作りました。

只今サンドウィッチがプチブームな私。
camp6.jpg
挟むものは
卵焼き、ハム、チーズ、サラダ菜
この組み合わせが大好きです。

トーストしたパンにマヨネーズ、ケチャップ、マスタード
camp7.jpg
これだけでも大興奮!
Lucyちゃんは夢中でカメラマンになっていました。
これは撮らずにはいられない。
そりゃあ、フォトジェニックだもの。

挟んで押さえて出来上がり!
camp8.jpg
温かい紅茶と一緒に楽しみました。

これぞ、憧れの外ごはん☆

↓この本を見て外ごはんに
ものすごーく憧れました。

つながる外ごはん (be peaceful books)

つながる外ごはん (be peaceful books)

  • 作者: noyama
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2010/04/07
  • メディア: 単行本



この本大好きです。
見てると出かけずにはいられなくなります。


今度は違うレシピで外ごはんしたいなー


camp3.jpg
山でたくさん見かけた藤の花

世界自然遺産制覇!小笠原諸島 父島 **食のこと その4** [旅行的]

今回の父島の旅。
前半は食事付きのペンションに宿泊し
後半は自炊ができるコテージに宿泊しました。

2011年に西表島に行った時に自炊をしたのが
とっても楽しかったので、今回もチャレンジ!

宿泊したコテージは「父島コテージ」というところ。
車も5000円で貸してくれて(宿泊中ずっと乗って5000円!安い!)
1Kユニットバス付きでした。

jisui7.jpg
こんな感じ。
こじんまりしてて楽しかったです。

まずはコテージ1日目の夕食。
jisui1.jpg
玄米ごはん
お揚げと小松菜の味噌汁
メカジキのソテーニンニク風味
新玉ねぎのサラダ
トマトとチーズとえのき入り卵焼き

写真にはちっとも写ってないですが
結構充実したメニュー。

2日目の朝はトーストとハムエッグ。
これ、急いでて写真撮れずでした…
ただ、ハムエッグの「エッグ」の方は
これ↓
jisui2.jpg
島でとれたガチョウの卵。
黄身の色はそんなに濃くないですが、粘度のある黄身。濃厚です。


この日の夕飯は、新しい試み。
父島の漁協に行って直接魚を購入しました。
スーパーより新鮮でお安い魚を手に入れることができるのではないか
というかなちゃんの提案。
ドキドキでしたが
「オナガダイ」という魚を買うことができました。

jisui9.jpg
意気揚々と食材を持ち帰るの図。
左手の袋にオナガダイが入っています。

jisui3.jpg
↑これがオナガダイ

二人で食べるにはちょっと大きかったですが(尾も入れて40cmくらい)
超興奮でさばいていきました。
ウロコが大きくて皮も厚くって大変!

jisui4.jpg
玄米ごはん
オナガダイのあら汁
オナガダイの刺身
オナガダイのなめろう風

刺身はぷりっぷりでうまーい!
ごはんおかわりしながらパクパクパク。
新鮮な魚万歳!


3日目の朝。
サンドウィッチを作ったのに
写真撮り忘れ。朝は忙しくて撮れないみたい。

この日は朝からトレッキングで
お昼用のお弁当も用意していきました。

jisui5.jpg
お昼のお弁当。
玄米のり弁
鯨肉を焼いたの
塩で浅く漬けたキュウリ
卵焼き
トマト
サラダ菜

トレッキング中にだいぶお弁当配置が変わりましたが
美味しく食べられました。
お弁当箱はスーパーで売られていた紙製のもの。

旅行中にお弁当が作れるっていうのはうれしい(*´∀`*)
生活体験が出来ている感じが
なんとも楽しいのです。

そしてこの日の夕飯。
コテージ最後の夜。
jisui6.jpg
玄米ごはん
お揚げと小松菜の味噌汁
マグロとサクラダイのお刺身
アオウミガメの煮込み
小松菜のおひたし

この日も漁協に行ったんですが
ちょうどいいサイズの魚がなくて、断念。
なのでスーパーで
「小笠原近海産」って書いてあるマグロとサクラダイを購入。
そしてそのお魚売り場のすぐ近くにあった
「アオウミガメの煮付け(冷凍)」もご購入。

父島初日にウミガメの刺身を食べたわけですが
最後の晩餐は、煮付け。
部位がわからない感じのごった煮で
いろんな食感の部分が混在していました。
刺身よりもちょっとクセがあって
どちらかというと煮付けの方が好きです。
jisui8.jpg
↑これがウミガメの煮付け(油揚げは付け足しました)
見た目は…ちょっとなぁ…



そんなこんなで
父島の自炊体験を存分に楽しむことができました。
島の生活体験ができるのは、自分の生活を振り返る意味でも
本当にいい体験だと思っています。


おがさわら丸の入港日に
たくさんの食料品が一気にスーパーに届き
その届く時間を見計らって
島の人たちが買い出しに行く。
パンや大福、お団子なんかが冷凍の状態で
商品棚に並び、島の人たちは大量に買い込んでいく。
卵が陳列されていないと
「まだ来てない?いつごろ着きそう?」
とお店の人とやり取りをしている人がいる。
賞味期限が切れてしまっている商品も
特に問題なく棚においてあったりする。
これがこの島の日常なんだなぁ。

自炊体験をしてみないとわからないことって
結構あるなぁとしみじみ。
そして、なんでも揃ううちの近所のスーパーで
無計画に食料品を買うのは、ちょっと控えようなんて思う。

もうちょっと食糧計画を考えたほうがいいな。
自分を省みた自炊生活でした。

世界自然遺産制覇!小笠原諸島 父島 **食のこと その3** [旅行的]

島のパン屋さん。
「ローカルベーカリー」
0502_5.jpg
小さな可愛いお店。

島に都心からの船が来るのは限られた日のみ。
船が来た日に、食料品がどっと島に下ろされます。
で、食パンなんかも船便で来るんですが
驚いたのは
賞味期限ギリギリのものが冷凍状態でスーパーに
並べられるところ。
ほかの食料品もそうですが
島の人は入港日にガッと買い物をして
冷凍してるみたい。
これは大変だ。

で、このローカルベーカリーは
島の人に
焼きたてで無添加な美味しいパンを食べて欲しい
という思いでお店を出しているようです。

こういうお店があれば
島の人も美味しいパンが食べられるからいいね。

0502__4.jpg
ココナッツクリームのパンとマヨコーンパン。
しっとりふわふわで美味しかった☆

小さなお店の割には
種類が多いので飽きずにいろいろ試すことができそうです。

世界自然遺産制覇!小笠原諸島 父島 **食のこと その2** [旅行的]

とあるカフェで食べたケーキ。
カフェの名前を忘れました。
メインストリート沿いにあるオープンエアチックな場所。

0502_1.jpg
チーズケーキ。
これ、昔さまんさママがよく作ってくれた
軽い感じのチーズケーキに似ていました。

0502_2.jpg
シフォンケーキ。
パッションフルーツのソースと一緒に食べます。
さわやかー。

ここのカフェでお姉さんが
魚をさばこうとしていました。
…が、これ
0502_3.jpg
でっかい!!

なんじゃこりゃ。
お姉さん一人でさばくみたいなんですが
「気が重い」
って言ってました。
この魚、どんな料理になったのかなぁ。

世界自然遺産制覇!小笠原諸島 父島 **食のこと その1** [旅行的]

父島での食のことについて。

港近くの小さな繁華街には、食べ物屋さんがいろいろあります。
ある日の夜に行った
「チャーリーブラウン」。

アメリカンな雰囲気満載のお店。
0501.jpg
ギターやベース、小さなドラムもありました。
ライブをしたりするのかしら。

ここで食べたもの。
0501_2.jpg
父島近海でとれた魚がのったサラダ。
やっぱり魚が美味しいなぁ。
なんて名前の魚か忘れちゃったけど
「珍しいのが入った」って言われました。

0501_3.jpg
これは島トマト。
島でとれたトマトです。
なんにもつけずに食べました。
すごく甘いわけではないですが、濃いトマトの味でした。

0501_4.jpg
そしてこれが不思議メニュー。
島寿司のコロッケ。
…島寿司に衣をつけて揚げたもの。
それだけで十分、十二分に美味しいのに
なぜに揚げてしまったか。
ソース、マヨネーズで味付けされていて
たこ焼きにのような感じ。

美味しいけど、普通の島寿司はもっと美味しいです…。


普段あんまり食べられないものを食べるのは
楽しいなぁ。

世界自然遺産制覇!小笠原諸島 父島 **ハートロックカフェ** [旅行的]

二見港の近くに
「ハートロックカフェ」があります。

これ、さまんさの好きな
ハードロックカフェのパクリなんでしょうな。
トレッキングで行った「ハートロック」とかけたようです。
samecafe2.jpg


大きなガジュマルの木の下にあるすてきカフェです。
samecafe3.jpg

ここで食べたのがサメバーガー!
サメのフライが挟んであるバーガーです。
samecafe5.jpg

バーガーが入った紙には「サメスタンプ」
samecafe4.jpg
こりゃかわええ!

味は、白身魚のフライって感じ。
サメの肉はスーパーで売られているのを見たことがあるので
おうちでもまねっこしてみたいなぁ。

samecafe.jpg

あと、美味しかった飲み物。
samecafe6.jpg
パッションフルーツのお酒と小笠原ラムのソーダ割り。
ラムの香りが大好きなんです。
そしてパッションフルーツの香りもさわやかー
どちらも美味しかった!
ので、小笠原ラムはお土産に買って帰りました☆

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。